足し算ではなく引き算のプラズマクリーナー

多くのクリーナーが素材に対して足し算の処理を行います。例えばエアブローは強い空気の流れで圧力をかけます。液体による洗浄は、水やオイル、アルコールなどを付加することで汚れを洗い流します。その後には残留物があって、それをどうするかを考えなければいけません。

プラズマクリーナーは、表面に付着している有機物を分解して取り除くと言う、引き算の処理で表面をきれいにします。プラズマクリーナーのメリットが引き算のクリーニングであることは、他の方法と比べて大きなメリットと言えます。新たに何も与えないと言うことは、処理前と後の状態に変化が少ないと言うことです。少なくても何かを与えてしまうと、処理前とは違うものになっている恐れが否定できません。

たとえエアブローでも、与えた圧力によって変形が起きているかもしれません。また空気の流れによって新たな汚れを付着していることも考えられます。プラズマクリーナーは、プラズマ現象によって周辺の分子から電子を奪うような働きがあります。これによって対象となるものから汚れだけを引き算して、きれいな状態に仕上げます。

それ以外は処理前と変わらないことが製品の品質に大きく影響を与えます。特に目に見えない部分での変化は、再現できない不良となることが多く、製品の品質を低下し、信頼を下げる恐れもあります。できるだけ何も与えないクリーニングのためにプラズマクリーナーを利用することが、製品の品質向上には有効です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする