プラズマクリーナーは分子レベルで汚れを除去

プラズマクリーナーが利用するプラズマは、気体に高いエネルギーを与え続けることで、新たな形態に変化した状態です。簡単に言ってしまえば、気体の分子が不安定で、他の分子から電子を奪いたい状態に移行している形態です。そのため、周りにある物質の分子に働きかけて、電子を奪ってしまいます。結合の弱いものでは、その働きによって分子が分解されて、プラズマに取り込まれてしまいます。

取り込まれた汚れの分子も同じようにプラズマとして存在するので、汚れとして残ることがありません。プラズマクリーナーを使った場合、製品の表面にある結合の弱い有機物は、プラズマの働きで分解されます。製品の表面も同じように働きかけられるので、分子レベルで不安定な状態になります。この表面はコーティングやメッキなどを受け入れやすいことで、製品品質を高めることが期待されます。

分子レベルで働きかけるプラズマクリーナーの原理は、人間の目で見えるレベルではありません。そのため顕微鏡で見ないとわからないような汚れを除去することが可能です。そこまでの小さなものまで完全に除去できれば、完全に清潔な表面と言っても問題ありません。また表面の状態を変えることで、処理をしやすくすることも同じような細かなレベルでの話になるので、見た目は全く変わりありません。

でも最終的に製品を見るとその違いは明らかでしょう。表面の汚れによる不良を減らしたいならプラズマクリーナーの利用を検討した方がいいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする