プラズマクリーナーが優れている理由

洗浄工程で求められることは、製品を傷つけず、対象となる汚れをしっかり取り除くことができることと残留物を残さないことです。エアブローは、残留はないかもしれませんが、汚れが確実に除去できるとは限りません。特に小さなものは取り除きにくいデメリットがあります。洗浄剤を使う場合、汚れの除去率は上がるかもしれませんが、残留物があることや濡れている製品を乾燥することなどが気になります。

プラズマクリーナーはそれらすべてを解決します。プラズマクリーナーは非接触で、完全に近い状態で汚れを除去し、残留物がありません。それは第4の形態と呼ばれるプラズマを利用しているからです。気体にエネルギーを与えることで発生するプラズマは、その周りにある汚れの物質を分子レベルで分解し取り込む性質があります。

製品自体には触れないので影響を与えることがありません。力をかけて剥ぎ取るわけではないので、自然に分解されて取り込まれてしまいます。取り込まれた汚れはプラズマの一部として働きます。プラズマクリーナーは、プラズマしか利用しないので残留物がありません。

プラズマ自体は気体から発生した新たな形態であって、液体ではないので製品を濡らすこともなく乾燥の必要もありません。クリーニングが終わったらすぐに次の工程に移ることが可能です。そのため生産効率が落ちないというメリットがあります。効率よく素材の汚れを取りたいならプラズマクリーナーがおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする