プラズマクリーナーのメリット

現在は精密な電子基板・電子デバイス・各種医療機器の表面の洗浄などのために、プラズマクリーナーが使用されることがあります。電離(プラズマ)状態のガスは酸化力が非常に強いので、製品の表面に付着した油などの不純物や細菌などを酸化・蒸散させることができるからです。従来の溶剤や洗剤を使用する洗浄方法と比べて、プラズマクリーナーには多くのメリットがあります。プラズマクリーナーのメリットですが、ドライ環境下で洗浄作業ができる・製品の表面だけを処理するのでバルクの材料に悪影響を及ぼす恐れがない・処理後に乾燥や洗剤除去の作業が不要である・廃液が発生しない、などが挙げられます。

溶剤や洗剤を一切使用しないため、洗浄後の乾燥工程や洗浄液の廃液処理をする必要がありません。プラズマガスは製品表面に付着した不純物だけを酸化処理するので、製品に使用されている素材を劣化させたり変質させる恐れもありません。低温プラズマ装置は室温付近のプラズマガスを発生させることができるので、樹脂などの熱に弱い材料でも洗浄作業ができます。プラズマクリーナーの装置は、反応ガスの種類を変えることで洗浄以外の用途にも転用することが可能です。

例えば、製品表面の改質(親水化・撥水化・疎水化)にも利用できます。従来のプラズマ装置は処理を行う前に減圧をしなければならず、専用の容器に入れて真空ポンプで空気を抜く必要がありました。現在は大気圧プラズマ装置が開発されているので、減圧をせずに空気中で製品の表面をクリーニングしたり改質処理を行うことも可能です。プラズマクリーナーのことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする