プラズマクリーナーが基板洗浄に利用される理由

プラズマクリーナーは基板の洗浄に利用されることが多く、非常に適した効果をもたらすことで知られています。従来は洗浄液を用いてワイヤーブラシでこするといった作業が一般的に行われていましたが、これと同等の効果を一瞬にして行うことができることから、現代では様々なところで広く利用されているものとなっているのが特徴です。プラズマクリーナーはプラズマの効果を用いて表面の汚れなどを除去するとともに、表面を傷つけることができるのが特徴となっています。基板は部品を接着する際により強固な接着力が必要となるため、製造されたばかりの状態では表面が平坦でありその面積を十分に確保することができない場合が少なくありません。

この表面を傷つけることで接着面積を増やすことができ、より強固な接着力を維持することができるのが特徴です。プラズマクリーナーを利用することで基板洗浄の時間が大幅に短縮されるとともに、より強固な接着力を維持することができるようになりました。従来の方法では人の手で行うためムラが発生する確率が高く、また近年のように部品が非常に小型化され自動実装が一般的となっている現代では、人の手で実装する場合に比べその接着具合を緻密に確認することができません。これは製品の品質に大きく影響することとなるため、その品質を高める上でもプラズマクリーナーは非常に効果的なものとして利用されており、高い効果をあげているのが特徴です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする