プラズマ洗浄装置のメリット

プラズマ洗浄装置を使うと、製品の品質が向上するため注目されています。それはプラズマが他の洗浄とは異なる特徴を持っているからです。通常、物体の表面についた汚れを除去したいときには、エアなどで吹き飛ばしたり、洗浄剤などで洗い流します。でもフィルムなどの薄いものは空気圧で変形したり、破損したりする恐れがあります。

液体を使った洗浄は残留物があったり、乾燥が必要になったりと新たな工程が発生していまいます。乾燥が不十分だと水滴が残って、ショートの原因になる恐れも否定できません。プラズマ洗浄装置では、それらの問題が発生しません。プラズマは非接触で周辺の原子に働きかけて、電離し、分解することで吸収します。

つまり母体となる物体には圧力などを与えません。だから薄いフィルム状のものでも安心して利用することが可能です。また洗浄剤などを必要としないため残留物も発生せず、乾燥の必要もありません。プラズマ洗浄装置のもう一つのメリットは、汚れを除去したあとでもあります。

汚れに対して行われる電離作用は物体の表面にも働きかけて、原子を結合しやすい状態に変化させます。そこにコーティングや塗装を行うと、何もしない状態よりも結合力が高くなり、しっかりと馴染みます。汚れがなく結合力の強いコーティングは、品質が高くなるだけでなく耐久性も高くなります。薄膜や電子機器等の製造工程ではプラズマ洗浄装置の利用を検討してみると良いでしょう。

プラズマ洗浄装置のことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする