プラズマクリーナーの特徴と用途

プラズマを使った家電製品の中でも、物を洗浄したり綺麗にする技術としてプラズマを使った商品はプラズマクリーナーと呼ばれます。使われるシーンとしては医療処置具洗浄に使われることも多く、その他にはチューブや粉体洗浄をする際に利用されることもあります。高い洗浄力があるのが特徴で、プラズマクリーナーは幅広い業界で利用されています。また、近年のプラズマクリーナーは高性能化しているのが特徴です。

超微細加工や表面処理をする際にプラズマクリーナーが使われます。大型のプラズマクリーナーの他には、小型の商品も開発されより気軽に利用できる商品も多いです。小型でも多目的で使うことができ、商品によってはガラス器具の洗浄や殺菌だけではなく、塗膜等の加速度を試験する際に使うこともできます。業務用で利用されるものはプラズマ装置とも呼ばれます。

ちなみに、プラズマドライクリーナーと呼ばれる商品もあり、それはガスを高周波を用いることでプラズマ化するのが特徴です。その他のプラズマドライクリーナーの特徴としては、小さいホコリや微粒子も取り除くことができる点にあります。ナノレベルで起こる化学反応を応用することにより、他の装置で難しいで表面処理をすることが可能です。企業で使われる他には学術研究機関でも使われることも多く、空気プラズマや窒素プラズマ、酸素プラズマやアルゴンプラズマなど、色々な種類のプラズマ処理を行うことが出来ます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする