電化製品を支えるプラズマ洗浄装置

電化製品を作る企業にとって性能も重要な要素ですが、顧客の信頼を勝ち取るためにはいかに壊れにくい状態で届けられるかが重要になります。その壊れれにくい製品づくりにおいて、電化製品を製作する企業が導入しているのがプラズマ洗浄装置です。このプラズマ洗浄装置は高圧の電流を流す機器であり、洗浄したい物を機器の中に入れることで流した電流がピンポイントで当たることで分解する装置になります。電化製品を作る企業にとって、最大の敵は空気中に含まれている塵です。

塵は電化製品の中に入り込むと電気の流れを乱してしまうことによって、本来では必要ではない部分に電気が集約されることで故障の原因になります。ただ塵が大敵といっても、人の手では完全に取り除くことは困難です。そこでプラズマ洗浄装置を使うことによって、塵に対して高圧のプラズマを当てることで+完全に分解することができます。そんなプラズマ洗浄装置ですが電化製品の部品製造で使われていたのですが、最近では医療現場で用いられるようになっています。

医療現場で使われるメスなどの医療設備をきれいにするためには、強い洗浄液につけてから乾燥させるのが一般です。しかし強い洗浄液につけて汚れを落とすにしても使えるまでには時間がかかるだけでなく、医療器具の構造によっては洗浄できない場所も存在します。そこでプラズマ洗浄装置を利用することによって、これまで洗うことができなかった場所まできれいにすることが可能になり医療の成功率を飛躍的に向上することに役立っているのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする