プラズマ装置が基板の汚れも除去する

基板に付着している目に見えないほどの小さな汚れが原因で、機器の故障率が上がっている状態を改善するために活用されているのが、低コストで導入しやすいプラズマ装置です。表面改質に最適な装置として話題になっており、ガスなどを用意するだけで簡単にプラズマを生み出して汚れを落としてくれます。圧搾空気をガス源として扱う機種も増えていて、ガスを自前で用意せずにプラズマ洗浄が行えるのが魅力です。ランニングコストを抑えながらプラズマ洗浄を続けられて、本体のサイズが小さいという点でも注目されています。

プラズマが発生する部分はコンパクトが設計になっている機種は、複雑な形をしたものを洗浄したい時に最適です。卓上で使用できるほどサイズが小さいプラズマ装置は、ラボに最適なサイズだと話題になっており、あらゆる材料のクリーニングや表面処理に使用できます。基板の表面に付着した微細な汚れを取り除きたいのなら、機器の価格だけでなく効率性の違いを比べておくことも重要です。ウェット洗浄が必要な機種もありますが、現在ではウェット洗浄も行わずにドライ環境で表面処理が可能な機種も珍しくありません。

導入しているプラズマ装置を買い替えるだけで、ウェット洗浄などの作業にかかる時間を短縮できて、作業の効率が大幅に向上したと多くの人が喜んでいます。表面改質や親水化などの作業はプラズマ装置を頼らなければ、基板の故障率を上げることになりかねません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする