プラズマ装置は便利である

プラズマ装置は非常に便利な機械の一つです。名前を聞いたことはあっても詳しくはわからないと言う人は少なくありません。プラズマ装置は一言で言えばドライ洗浄です。水洗いできないものをプラズマ装置によって衛生的に保つことができます。

水洗いできないものにはどんなものがありますか。精密機械は基本的に洗うことができません。除去すべき主なものはホコリです。たとえばテーブルの表面が汚れたならどうしますか。

水で湿らせた布巾やタオルで拭くはずです。見た目の汚れはほとんどキレイになります。キレイになる仕組みは摩擦と水の力です。最近は感染症対策もかねて、水拭きだけではなくアルコール消毒することも増えてきました。

デバイスの表面は防水になっているので、湿った布で拭いても問題ありません。防水といっても生活防水ですから、水没すると壊れてしまいます。あまりにもタオルが濡れていると危険なので要注意です。精密機械の中には水拭きさえできないものもあります。

基盤も水拭きすることができません。見た目の形状からも明らかです。空気中に含まれるホコリは精密機器にとって大敵です。除去しないと機能を低下させてしまうことにもなりかねません。

プラズマ装置を使うなら大抵のものの表面をきれいにすることが可能です。医療においても大きな役割を果たしています。少子高齢化や感染症の流行により、医療機器の必要はますます増えているからです。もちろん人材の確保が最優先です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする