精密機器の生産性を向上させるプラズマ装置について

半導体など精密機器の品質を高める一方で、より安い価格で提供して顧客満足度を高めるには生産性の向上が重要な課題です。同じ時間と人員、コストでより多くの高品質な製品を作れば1個あたりの価格を下げることができます。工場の生産性を高めるには最近の機械を導入するだけでなく、優秀な人材を確保してモチベーションを高めることが重要です。品質と生産性を高めつつコスト削減を図れば、リーズナブルな価格で優れた製品を提供できるようになります。

多くの企業がコストを削減するため安易にリストラを行っていますが、スタッフのモチベーションを下げるだけでなく人材を流出させてしまう可能性があるので注意しなければなりません。生産性を高めようと思っても現場を支える優秀なスタッフが不足すると、現状を維持することもできなくなってしまいます。様々なトラブルを招く可能性を回避しながら、低コストで品質と生産性を高めたいのであればプラズマ装置を活用するとよいでしょう。プラズマ装置はアルゴンイオンや酸素原子を使い、精密機器の表面に付着した細かな汚れを効果的に取り除きます。

加速したアルゴンイオンを有機物と無機物に衝突させ弾き飛ばすのがRIEモードで、酸素原子を有機物と反応させて水分子と二酸化炭素に変えるのがDPモードです。プラズマ装置には異なる処理方式があり、それぞれ対応可能な汚れにも違いがあります。汚れの種類に応じて使い分けると、製品の品質や生産性を大幅に向上させることができます。業務の効率も改善されるので、人件費などのコストを削減しつつ限られた人員を有効に活用できるというメリットもあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする